ブログトップ

ルディの部屋。

harudy.exblog.jp

<   2009年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

サクラサガシ。

昨日は、久々に何も予定の無い休日だったので、まだ咲いている桜を探し、車で北上してみました。
c0189446_23363996.jpg
妻は「GR DIGITAL Ⅱ」。
私は「M6」をぶら下げて。
[PR]
by harudy | 2009-04-30 23:45 | 雑記 | Comments(0)

PRADA Phone。

今年1月に追加購入した「PRADA Phone」ですが、3ヶ月経った今も、あまり使っていません・・・。

携帯電話はデザイン重視で、機能性は無視している私ですが、さすがに、この「PRADA Phone」は使い勝手が悪過ぎます。
c0189446_1812969.jpg
その最大の理由が、タッチパネルの反応の悪さと、反応範囲も狭さ。

私は携帯電話にストラップを付けるのも嫌いなので、購入時に付属していた、ペン型のストラップも使っていませんでしたが、なぜペン型のストラップが付属していたのかが、使ってみて理解出来ました。
c0189446_18125612.jpg
せっかく気に入って購入した機種なので、不本意ですが、しばらくの間はストラップを付けて使ってみたいと思います。
c0189446_18154041.jpg

[PR]
by harudy | 2009-04-30 18:16 | 雑貨・コスメ | Comments(0)

涙雨。

今日、4月27日は2年前、突然他界した友人の三回忌でした。
c0189446_17484657.jpg
あの日の事は、今でもはっきりと覚えています。

彼とは子供の頃は、よく連んでいましたが、大人になってからは、会った時に世間話をする程度の付き合いしかしていませんでした。

「昔のように、もっと連絡を取っていたら・・・。」

彼が旅立った今となっては、後悔ばかりが募ります。
今の私に出来る事は、彼の優しさを、ずっとずっと忘れない事だけです。

2年前のあの日も雨、昨年の一周忌の日も雨。

そして、今日も雨でした。
[PR]
by harudy | 2009-04-27 18:09 | 雑記 | Comments(0)

ETRETAT。

Gucci フラットパンプス(GGラバー)。

昨年の発売以降、Gucciにしてはリーズナブルなお値段と、キュートなデザインで人気の「Gucci バレリーナシューズ」。
昨年は買いそびれた妻も、今年はしっかり購入出来ました。
c0189446_18202710.jpg
ピンク・ネイビー・ミントの3色で悩んでいた妻ですが、今回はピンクとネイビーを購入しました。
c0189446_1823523.jpg
c0189446_18233833.jpg
「GG」ロゴが繰り抜かれたデザインがキュートな「ETRETAT」。
カラーは、私が知っているだけで、12色も展開されています。
カラーバリエーションも豊富で、どんな洋服にも合わせやすいデザインなので、これからの季節、ちょっとしたプレゼントにもいいかも知れません。

うちの妻もコンプリートはしないまでも、あと何色か狙っているようです。。。

ちなみに、ソールも「GG柄」。
c0189446_12104455.jpg

[PR]
by harudy | 2009-04-26 12:11 | ファッション | Comments(0)

万年筆。

Pelikano junior。

この万年筆は、正しいペンの握り方が身に付くようにと、ドイツで学童用に開発された万年筆で、私も「MEISTERSTUCK」を修理に出していた時に代用ペンとして購入しました。
c0189446_157564.jpg
見た目はポップで、おもちゃのようなペンですが、使い心地はさすがPelikanといった感じです。
妻も色違いを使っています。
c0189446_15101180.jpg

[PR]
by harudy | 2009-04-25 15:11 | 雑貨・コスメ | Comments(0)

First shoot。

「M6」での初撮り。

私は新しいカメラを使い始める時、一本目のフィルムは、全て空の写真を撮る事にしています。
私の元にやってきた歴代のカメラもそうしてきました。
c0189446_23154388.jpg
「M6」を初めて使ってみた感想は・・・。
久々のマニュアルカメラだったという事もあり、ファインダーを覗いてからシャッターを押すまで、けっこう時間がかかりました・・・。
ピント合わせや、露出・シャッタースピードの決定など、今まで、いかに「T2」や「G2」のオート機能に任せていたのか改めて分かりました。

ただ、今回「M6」を購入した目的は、「全ての写真行為を自分で行う」というのが、購入動機だったので、「M6」の少し手間のかかる「写真行為」を、もっともっと楽しみたいと思います。

時間がかかる分だけ、一枚一枚の写真の重みが、今までとは少し違ってくる気がしています。
[PR]
by harudy | 2009-04-24 23:36 | 写真 | Comments(0)

50mm。

SUMMICRON-M 50mm f/2。

昨日、私の元にやってきた「M6」。
レンズは、35mmと50mmとで悩みましたが、「基本に戻る」という事で、35mmフィルムカメラの標準レンズでもある50mmを選びました。
c0189446_16251156.jpg
「M6」のボディに装着した感じは、35mmレンズの方が、使い勝手もいいし、「M6」のボディに装着した時のバランスも美しかったのですが、今回はあえて50mmレンズにしてみました。
c0189446_1724592.jpg
選んだレンズは、「SUMMICRON-M 50mm f/2」。
ライカレンズの中で、最もスタンダードなレンズです。
c0189446_1753854.jpg
c0189446_1753332.jpg
35mmレンズを着けた時の美しさには負けますが、コレもなかなかイイ感じです。
[PR]
by harudy | 2009-04-23 18:12 | 写真 | Comments(0)

カメラ購入計画 完結。

LEICA M6。

4月22日。
先日から続いていた「カメラ購入計画」ですが、本日、あっさりと完結してしまいました。。。
私にとって、写真を始めた10代の頃からの憧れである「LEICA M6」を、ついに手にする事が出来ました。
c0189446_22573976.jpg
「LEICA M6」は1984年から1998年まで製造された「M6クラシック」といわれているモデルと、1998年から2002年まで製造された「M6TTL」という2つのモデルがあります。

今回、私が購入したのは、「M6クラシック」といわれている前期型です。(1996年製造)

「M6クラシック」から「M6TTL」への変更点は、ボディの大きさ(M6TTLが2.5mm 背が高い)と、各ダイヤルの大型化、ストロボTTLの付加、露出表示・ダイヤルの回転方向の変更などです。

今までも、何度か「M6」を購入する機会はあったのですが、いずれも「M6TTL」で、どうしてもボディの大きさが好きになれず、購入には至りませんでした。

今回、偶然出会った「M6クラシック」は、私にとって、どうしても手にしたい念願のカメラでした。

この「M6クラシック」で、これからの「私風景」をフィルムに残して行きたいと思います。

今日は「一生モノ」のお買い物が出来ました。。。
[PR]
by harudy | 2009-04-22 23:45 | 写真 | Comments(0)

シマシマ。

SAINT JAMES NAVAL3/4。

ボートネックシャツといえば、「SAINT JAMES 」「Le minor」「ORCIVAL」が有名です。
中でも私は、「SAINT JAMES 」の「OUESSANT」が好きで、2年に一度くらいのペースで買い足しています。
c0189446_21361683.jpg
こちらは、「OUESSANT」でも珍しいパイル地のボートネック。

今年も「OUESSANT」を追加しようと思っていたのですが、今回は「NAVAL」にしてみました。
c0189446_21373449.jpg
この「NAVAL」、ピカソやゴルチェが愛用していた事でも有名です。(ピカソが着ていたモノは「SAINT JAMES」のモノでは無いという話もあります・・・。 )
ただし、「OUESSANT」と比べると、着丈がかなり長く作られています。
私が購入した、サイズ「T3」でも68cm位あり、私の体型には、少し長過ぎます・・・。
そこで、お直し屋さんで、5cm程丈詰めをしてもらいました。
c0189446_2143545.jpg
丈詰めをする前と比べると、だいぶスッキリした印象になりました。。。

ちなみに今回、私が購入した「NAVAL」は袖丈が七部丈のモデルです。
[PR]
by harudy | 2009-04-22 21:54 | ファッション | Comments(0)

カメラ購入計画 3。

新たにカメラを購入するにあたって、選ぶ基準にしているのが、マニュアルカメラである事ですが、露出計くらいは装備されていて欲しいというのが、本音です。そして、持った時に手の納まりがいい事。

そこで、「Nikonの2機種」以外に候補に挙がっているカメラがコチラ。
c0189446_1322983.jpg
「LEICA CL」
c0189446_1324723.jpg
「LEITZ minolta CL」
c0189446_133557.jpg
「MINOLTA CLE」

3機種共、レンジファインダーのマニュアルカメラで、露出計が内臓されています。

「LEICA CL」と「LEITZ minolta CL」は1973年~1976年まで「M5」のコンパクト機として販売されていたカメラで、エルンスト・ライツ社(現ライカ社)とミノルタ社が技術相互協力をして誕生したカメラです。設計をライツ社、製造をミノルタ社が担当し、今でも高い人気があります。
一方、「MINOLTA CLE」は「LEITZ minolta CL」の後継機種として、1981年に発売され、設計もミノルタ社で、かなり完成度の高いレンジファインダーカメラとして、こちらも人気があります。

この3機種の共通点は、ライカのMマウントレンズが使えるという事(装着不可のレンズもある)と、ボディが小柄で手の納まりがいい事。
Mマウントレンズも使えるので、今回のカメラ購入計画では、今のところ上位候補になっています。

ただし・・・。生産が終了してから、年数が経っているので、壊れた時の修理が難しいというのが、唯一の難点です。
[PR]
by harudy | 2009-04-22 14:01 | 写真 | Comments(0)